カラダとココロを休ませる食べ物

カラダとココロをいたわる食生活

まだまだ続くこの暑さの中、みなさん体調は崩れていませんか?温度調節が難しく、そろそろカラダもココロも疲れてきている時期だと思います。

私たちのカラダの疲れが取れない原因の一つは、「食べすぎ」だと言われています。高カロリーをカラダが求めているのか、高たんぱくに高脂肪になりがちです。しかし、こんな生活を続けているとカラダの中から疲れてきてしまいます。

体力をつけなければといって、食べすぎや飲みすぎては「疲れやすいカラダ」になってしまうので気を付けたいところです。

そこで、「どうしたら疲れないカラダ」ができるのかをみていきましょう!

私たちは高エネルギー食傾向にある

高たんぱく・高脂肪と現代は高エネルギー食傾向にあります。過剰摂取をして内臓の負担を高めているのです。

また、朝食を抜く人も少なくありませんが、朝食を抜くと脳が栄養不足になります。夜遅い食事や不規則な食事は、内臓が弱ってしまいますので、毎食の食事をしっかり規則正しい時間で摂るように心がけていきましょう。

食事を摂る時間をつくり、ゆっくりと時間をかけて楽しむ気持ちで食事を摂るようにしてみてください。

一番のカラダの休息は”ちょっとだけ断食”で内臓をリフレッシュ

1日に必要な野菜をジュースで補給!

1日の朝食と昼食を400㏄の野菜ジュースだけで過ごします。普段不足しがちなビタミンやミネラルを補給して、体内を浄化してみましょう。

夕食はおかゆなどの消化のよいものを

いくら”ちょっとだけ断食”と言っても、断食をすると内臓はデリケートになっています。回復するためにも夕食は体内に優しいおかゆやうどんなどから食べるようにしましょう。

カラダのメンテナンスはココロのメンテナンスにもつながる

弱ったカラダは、元通りにするのには時間がかかります。カラダに必要な栄養が不足していくため、各機能が上手く働いてくれません。そこで、疲れた内臓をしっかり休めるために”ちょっとだけ断食”をおすすめします。それまでに弱った免疫力やカラダは正常にもどり、消化に費やされたビタミンやミネラルが改善に回ることができるようになるからです。そして、血管内の浄化やダイエットなどにも効果があると言われています。

しかし、断食とはいっても何もたべないわけではありませんので安心してください。必要なビタミンやミネラルを野菜ジュースでとり、しっかりと補給します。

カラダが疲れたなぁと感じたら、”ちょっとだけ断食”はおすすめです。週末に試してみてはいかがでしょうか。

コメント