【恋マジ】第4話 広瀬アリスが主演を務めるドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」みなさんはもう観ましたか?ラストでまさかの急接近!!

人間の心理

女優の広瀬アリスさんが主演を務める月10ドラマ、「恋なんて、本気でやってどうするの?」をみなさんはご覧になりましたでしょうか。

脚本は浅野妙子さんで、浅野さんは「ラブジェネレーション」や「ラスト・フレンズ」などの作品を手掛けられています。今回の「恋なんて、本気でやってどうするの?」略して「恋マジ」はいったいどんなラブストーリーになっているのか、とても楽しみにしていました。

主演は、広瀬アリスさん。そしてお相手には、SIxTONESの松村北斗さん。

男性経験ゼロの27歳こじらせ女子(広瀬アリスさん)と来るもの拒まず去るもの追わず恋愛主義男子(松村北斗さん)をメインに、親友の愛され中毒パパ活女子(飯豊まりえさん)と主婦の(西野七瀬さん)の本気のラブストーリーになっています。

さっそくみていきましょう!

桜沢純(広瀬アリスさん)はこんな人

主演となる桜沢純は、食器ブランドの洋食器デザイナーです。仕事は若きチーフとして信頼いが厚い。しかし、アラサーでありながら恋愛経験がゼロという。自分の家庭環境から、恋愛や結婚への興味がまったくなし。仕事も趣味も充実しているから「恋なんて必要がない!」が、彼女のポリシーです。

こんな桜沢純(広瀬アリスさん)が、とあるフレンチレストランで恋愛主義男子長峰柊磨(松村北斗さん)に出会います。はじめは、食べるのが大好きな桜沢純は、女性客をとりこにするイケメンのギャルソ長峰柊磨(松村北斗さん)には目もくれず、シェフの料理に舌鼓をうち、食器が気になります。

長峰柊磨(松村北斗さん)はこんな人

桜沢純の相手役を努めるのが、長峰柊磨(松村北斗さん)です。フレンチビストロ「サリュー」でギャルソン兼見習い料理人です。顔面偏差値が高いため、柊磨目当てにお客が殺到するほどのイケメンで、初めて来店した女性客にはマスクを外して心をつかみます。女性を楽しませる表情や話術は天才的です。しかし、本気の恋には興味がありません。

こんな長峰柊磨(松村北斗さん)が、桜沢純と出会い興味を持ち始めます。この出会いがきっかけで恋に対する考え方が少しずつ変化していきます。

第2話あらすじ

純は、27歳という若さで35年ローンでマンションを購入しています。恋愛や結婚に全く興味がなく、これからも要らないと購入しています。

27歳の桜沢純は、恋愛経験が全くありません。唯一男の話題と言えば、学生時代のラクロス部の先輩。純は、この先輩は恋ではなく「推し」だったと言います。その後、偶然同じ会社に入社しており、運命の再開を果たします。しかし、先輩はシンガポールに転勤になっていました。

そんな矢先、先輩はシンガポールから戻ってくることを知ります。恋ではないにしても純は複雑な気持ちになります。会社で、プレゼンをしていると先輩が会議室へ入ってきます。突然のことで純は動揺し、うまく説明ができません。そんな純を先輩は助けてくれました。先輩は、純に何度も話しかけようとしますが、つい先輩を避けてしまします。

中学生の初恋のように動揺している純でしたが、思い切って先輩と話せる状況を作りました。すると、「明日の夜、時間あるかな。話したいことがあるんだ。」と誘われます。

待ち合わせに、「ホテルの40階のレストランで待っている」と伝えられ心が落ち着きません。恋ではなく「推し」だという純ですが、一体どうなるのでしょうか。

仕事が終わり待ち合わせのレストランへ向かうと席は3席ありました。

すると、「結婚することにしたんだ。」と「推し」の先輩に告げられます。相手は、後輩でした。恋ではないと思っていた純ですが、ここで「失恋」を経験します。複雑な気持ちで先輩の結婚を応援する純は、悲しみを押し伏せていました。純の悲しみをしった柊磨は、「悲しいのになぜ笑うの?」と問いかけます。

純は、自分の母親の事を話はじめます。母親は男にだらしなく、男がいないと生きていけない恋愛体質でした。男に捨てられて荒れ狂う母を慰めながら過ごしていると、母親の男から電話がきました。母親は幼い純の「行かないで」と腕をつかんだ手を振り払い、男の元へ行ってしまいました。そんな母親をみてきたせいか、失恋して泣くなんて時間と労力の無駄、そんな自分になりたくないという思いからか悲しい時も泣くことができませんでした。

そんな純を柊磨は抱きしめ、「泣いていいよ」と囁きます。

柊磨は、「失恋の傷をいやすのは他の相手をみつけるのが一番」と言い出します。恋なんてするつもりはないという純に、「本気にならなければいい。」と言います。そして、形だけのお試しの恋をしようと純の手を握りました。

そんな中、ラクロス部の同窓会が開かれました。場所は、柊磨のいる「フレンチビストロ サリュー」です。大成功に終わった同窓会が終わると、純は同級生の男性に「2人だけで打ち上げをしよう」と持ち掛けます。純は「恋愛なんていらないと思っていたけど、大人としてすませておきたい。」と同級生にお願いをします。同級生はおそらく純のことが好きなんだろうと思われるが、純が「自分のことをすきなわけではない」という気持ちに気づき、純が買い物に行っている間に帰ってしまいました。

純はこの後、柊磨の家を訪ねます。同級生に逃げられたと・・・。そして、「お試しの恋をやってやろうじゃない」と柊磨に抱き着きます。しかし、柊磨も純の純粋さにかいつものペースでは行きません。

第3話あらすじ

勢いに任せて柊磨の部屋を訪ねた純でしたが、シャワーを浴びた柊磨は純にキスをしようとしました。ですが、「今したらもったいないから」と何もしませんでした。そして、ここで衝撃の事実がわかりました。純が「推し」とする先輩は、柊磨と兄弟だったのです!

その後、突然柊磨からデートのお誘いが入ります。純は「2人では間が持たない」と親友を誘いダブルデートをすることにします。腕を組もうとする柊磨を純は拒否。「恋愛には興味はない、でも女としての最低限の経験はしておかなきゃと思っているだけ」という純を柊磨は受け入れます。恋愛には興味がないという思いとは裏腹に柊磨のエスコートにドキドキが止まりません。

さらに柊磨は、デートの下見までして場所を選んでくれていました。そこは、ガラス工房でした。このデートがきっかけで新しい食器のデザインが浮かびます。新しいデザインを納得がいってない純でしたが、このデートをきっかけに新しいデザイン案が浮かんだのです。そのデザインを担当に持っていくと、認めてもらうことができました。

嬉しくて柊磨のところに向かいます。あまりの嬉しさに柊磨に抱き着いてしまいました。・・・が、我に気づき気まずくなって慌てて立ち去ります。

純が誕生日を迎えました。当日純は、柊磨とツーショット写真が投稿されたSNSを見つけます。そんな時、母から電話がかかってきました。相変わらず男と一緒ですが、誕生日で近くまできているから会いたいという連絡でした。母親は、親らしいことをしてあげられなかったと謝ります。純は許すことが出来ず、「いつも私より男が大事」と今度は純が母を振り切りその場から立ち去りました。

純が家にもどると、親友から住所を聞いたという柊磨が待っていました。「誕生日おめでとう」とブレスレットをプレゼントしてくれましたが、「いつか壊れるものならいらない」とブレスレットを投げ捨ててしまいます。純はそのまま部屋へ入り涙をこらえました。純は、柊磨のことをどんどん気になり始めています。

第4話あらすじ

柊磨のことを気になり始めた純は、SNSでみた彼女のことが気になります。しかし、二人の関係を聞く勇希なんて全くありません。モヤモヤした気持ちを抱え、柊磨を避けるようになっていきます。純は、展示会にむけたデザインが納期を迎えようとしています。上司からは妥協しても良いのではないかと言われるが、「絶対に納期には間に合わせます」と頑張ります。焦りばかりが募るまま残業をしていると突然、柊磨が差し入れを持ってきてくれました。

純が怒っていると思っていたから差し入れを持って訪ねてきました。

純は、新しいデザインで行き詰っていると話します。すると柊磨は「座っているだけではアイデアは浮かばない」と食器市へ誘います。いい感じで大好きな食器を見ていましたが、帰り道「うち寄っていく?」と純を誘いました。純は恋愛初心者なので、SNSの彼女のことが気になって仕方がありません。それなのに、自分を部屋へ誘うってどういうつもりなのかとモヤモヤと怒りとがこみ上げ、無言で立ち去ろうとします。「なんで一人で行くの?」という柊磨に「顔がみたくないから」と誘いを拒否してそのまま帰って行きます。

自分がもてあそばれていると思っている純ですが、どうしてもSNSの彼女が気になります。柊磨に聞いてみるため店を訪ねます。柊磨は「もし他の女を泊めたとして何か問題ある?」と答えます。純は、仮にもお試しで恋をしている自分に悪いと思わないのかと伝え、怒りながら店を後にします。

いきつけのネイルサロンで「におわせ」の偽装話をSNSに投稿する人がいると聞きました。その夜SNSを見ていると、気になる彼女が投稿していたのは偽装だと気づきます。そのまま家を飛び出し柊磨の家へ向かいます。その日は、気になる彼女が店に来て食事をしたあと部屋に上がっていました。その彼女がSNSへ投稿している場面を柊磨は目撃します。

そこで純がはじめて怒っている理由がわかります。

彼女は、柊磨のことが一番好き。柊磨も誰にでも優しいから重くならないように自分も他でも遊んでいると言う。柊磨はやめてくれと優しく伝えるが、彼女は柊磨が一番好きなのと抱き着きます。その時、純が柊磨の家につき、ドアをあけてしまいます。一度はドアを閉めましたが、純はもう一度ドアをあけて柊磨と彼女を引き離します。

「この人に手をださないで」という純ですが、彼女は「自分だけが特別だなんて思わないで」と言います。でも、偽装投稿を見せ「私は嘘をつかない」と言い、「柊磨がそういう人だってわかってた、それでも好きになった」と言います。

この時点で観てるこっちがドキドキがとまりません。

続けて言います。「それでも好きになるのをやめられない、だから恋なんてしたくなかった、嫉妬でいっぱいの自分も嫌い、あなたも嫌い大嫌い!」と泣きながら気持ちを伝えます。そんな純を柊磨は引き寄せてキスをします。

もちろんSNSの彼女は泣きそうになりながら部屋を出ていきました。

柊磨のキスの仕方が本気すぎてキュンキュンします。あれは観てるこちらも興奮しますね。

激しくキスをする二人はそのままベッドへ・・・。

あ~続きがみたい・・・。

まとめ

ラストのあのキスシーンはヤバかったです。純と柊磨の恋が急展開?!

幸せな結末であってほしいと思いつつも、どうなっていくのかこれからも見逃せませんね。

今回は、主演の純(広瀬アリスさん)と柊磨(松村北斗さん)をメインにお届けしました。広瀬アリスさんは今やドラマにCMにと大活躍されています。何役もこなす広瀬アリスさん大変だと思います。お体が心配です。でも、どのドラマもとても楽しみに見ています。

ここで重要なのは、親友の恋の行く先です。個人的には、パパ活をやめて、コンビニの店員と幸せになってほしいし、ダメ夫とは別れてシェフとの幸せがあればいいなぁと妄想しています。

「恋なんて、本気でやってどうするの?」は、月曜日夜10時から始まります。

見逃した人は、Tverなどで見ることもできます。

次回もさらにキュンキュンする展開になるのでは?!楽しみです!

コメント

トップへ戻る