ストレスを抱える不調対策は、食生活にあり

カラダとココロをいたわる食生活

あなたは、「ストレス」を感じた時、どのくらい自分で解消していけるのでしょうか?

例えば、自分が何かミスをした時、「大丈夫、次頑張ろう!」とプラスに思えるのか、もしくは、「私って本当にダメな人間だわ!」と自分を責めてしまうのか、あなたはどちらのタイプ⁈

今さら聞けない「ストレス」って何⁈

「ストレス」とは、もともとは物体に力が加わったときに生じる「ゆがみ、ひずみ」を指す言葉でした。そこから、外部からの刺激により生体がゆがんだ状態を「ストレス状態」、ゆがみを元に戻そうとする反応を「ストレス反応」と呼ぶようになりました。例えば、ボールを強く握ればボールはゆがみ、手には抵抗を感じます。手を離せばボールは元の状態に戻ります。ボールのゆがんでいる状態がストレス状態、戻ろうとする力がストレス反応です。握る力(外部からの刺激)はストレッサーと呼ばれます。現在ではそれらを総称して「ストレス」と呼ぶことが一般的です。

メンタルヘルス講座より引用

ストレスチェック

ストレスを溜め込んでしまう性格

もし、あなたが何かミスをした時に「ヨシ!次頑張ろう!」と思えるなら、あなたは自分のストレス解消がとてもうまくできている人です。切り替えることが自然と身についていて、プラスになる思考を持っていると言えるでしょう。

もし、あなたが何かミスをしたと気に「私って本当にダメな人間だわ!」と考えてしまう人は、ストレスを少しづつ溜め込んでしまう人です。これは、実は「性格」にも関係している傾向があるのを、あなたは知っていますか?

ストレスを溜め込んでしまう性格は、2つのタイプがあります。

  1. 競争心が強く、思い通りにならないとイライラしやすいわがままタイプ。
  2. 真面目で几帳面タイプ。

1.競争心が強く、思い通りにならないとイライラしやすいわがままタイプ。

高い目標を持ち、自分を高める努力をします。しかし、自己愛が強いため「相手」の気持ちを理解しようとしない傾向があります。

思い通りに物事が進まないと、感情的にイライラしてしまったり、意外と寂しがり屋だったり、とにかく自分の感情を表にだしてしまう本能タイプと言えます。

2.真面目で几帳面タイプ。

真面目で几帳面にみられる人は、少し神経質な面が見受けられるかと思います。どちらかというと、「~しなくてはならない。」とか、「~するべきだ。」と考えるため、少しでもミスをしてしまったりすると、自分を追い詰めてしまう傾向があります。

ストレスを抱える不調対策は、食生活にあり

ストレスを感じやすいタイプは、カラダの不調を感じやす人です。不調が生じるメカニズムを知って、対処方法を身につけていきましょう。ちなみに、あなたはカラダの不調を感じた時、一体どの部分で、多くの異変を感じていると思いますか?

はい。その通りです。多くは、「胃」に不調を感じているようですね。

早速、「胃」をストレスから守るメカニズムを知っていきましょう。

メカニズム

ストレスを感じやす威人は、考えすぎたり、神経質になりすぎる傾向にあります。そのため、急性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍など、胃の機能や消化器系機能が低下して、胃の痛みを引き起こすと考えられています。

主な症状

  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 下痢・軟便
  • 便秘
  • めまい
  • 口臭

胃痛

胃の痛みを引き起こすのは、胃腸機能の低下が原因と言われています。そんな時は、お腹を温めたり、胃に優しい食材を選んだりして食事を意識してみましょう。

自分なりにストレス発散などをして、生活を見直していきましょう。

胃もたれ

胃もたれを引き起こすのは、胃腸機能が低下し、消化能力が落ちることが原因と言われています。そんな時は、消化の良い温かいものを意識して食べるようにしましょう。

暴飲暴食などをが関係していることも多いので、生活を見直していきましょう。

食欲不振

さまざまな原因から、消化能力が低下し、胃腸を中心とした機能が低下することで引き起こすと言われています。基本的には、腸の働きを元気にすることが必要ですが、慢性的なストレスは胃の機能を低下させます。

梅雨時期や過度の水分摂取は、食欲不振が起こりやすくなります。

吐き気

消化機能が不調になると、食べると吐き気を引き起こします。一番の改善法は、「食べずにいを空腹感を感じるまで胃を休める」ことです。

胃腸は寒さや湿気に弱いので、できるだけ温かくして過ごすことが大切です。

下痢・軟便

下痢にも2種類タイプがあります。急性と慢性です。

急性

食あたりや冷え、暴飲暴食、ウイルス感染などが原因で引き起こすと言われています。

慢性

体質的なお腹の冷えや過労、ストレスなどが原因で引き起こすと言われています。

どちらも一番効果的な改善法は、「食事をとらず空腹感が出るまで休む」ことが大切です。体を温める食材を中心に、冷たいものや生ものを避けるように心がけましょう。

便秘

食生活による影響が大きく、血液循環が停滞することで引き起こすと言われています。腸内環境を改善していく必要があるので、整腸作用をもつ食物繊維が豊富な食材や乳酸菌を摂取するように心がけましょう。

適度な運動をすることも忘れずに!!

めまい

カラダの体液の流れに異常が起こると、引き起こすと言われています。

回転性めまい

メニエール病や突発性難聴、てんかん

非回転性めまい

パーキンソン病や高血圧、貧血

失神をともなうめまい

極度の緊張や不整脈、心筋梗塞

その他めまい

低血糖や怒り

カラダの体液に異常があらわれると、めまいなども引き起こしてしまいます。利水作用や利尿作用が高い食材(豆類、貝類、海藻類など)を意識してみてください。

口臭

暴飲暴食や胃腸の機能低下によって、胃の中に過剰な熱が生じるため「胃気上逆」を引き起こすと言われています。過剰な熱が起こると、口臭や体臭、便や尿などの臭いの原因になります。

過剰に起きた熱は、暴飲暴食や胃腸機能の低下が原因ですから、クールダウンさせることが重要になります。胃の中の熱を起こす原因を見極めていきましょう。

暴飲暴食

胃の中の熱を冷ます

水分が不足している

食生活の見直し

まとめ

ストレスを感じると、多くの人は「胃」に異変を感じると言います。そんな時に食べる食材は、キャベツや玉ねぎが有効的です。

特にキャベツは、「食べる胃腸薬」とも呼ばれており、胃痛や胃もたれを改善する作用があります。胃腸に異変を感じたら、ぜひこちらをお試しください。

キャベツで消化薬

材料3~4人分

  • キャベツ 1/4個
  • 塩(醤油でもOK)少々
  • 白ごま 小さじ1
  • ごま油 少々

作り方

  1. 塩とごま油を混ぜる
  2. キャベツを加えてよく混ぜる
  3. 10分ほどおく

コメント