PTSD心的外傷後ストレス障害

心理的障害

強い精神的ストレスや強烈なショックな出来事が起こると、ココロにうけるダメージは予想以上に大きいものです。そして、少し時間をおいて3ヶ月~半年以内に、ストレス障害として様々な症状があらわれてきます。

これが、PTSD心的外傷後ストレス障害と呼ばれるものです。

原因は人によって異なりますが、暴力や犯罪被害、震災や火事などがあげられます。

PTSDの特徴

精神的にショックな出来事があった場合、数ヶ月たっても身体感覚を伴い、突然、当時の感情や経験を再体験してしまうというものです。

思い出す度に、その時の苦痛や感情がよみがえるため、恐怖に陥り、気分が落ち込んだり、怒りっぽくなったりします。

苦痛から逃れようと、お酒を飲みすぎて悪循環を引き起こす場合もあります。

  • 不安
  • 理解力の低下
  • 不眠
  • 円形脱毛症
  • 頭痛

暴力などの被害は、生きている根本的なダメージを揺るがす体験から、怒りや不信感、無力感や様々な感情が入り混じりパニックへ陥ることも考えられます。

こういった症状がある場合は、医療機関を受診してください。

PTSDの対処法

PTSDの対処法は、結論からいくと「普段の生活をしていくこと!」です。十分な睡眠をとり適度な運動をすることが最も大切なことだと考えられています。

そして、1人で悩まずに相談する勇気を持ってください。

怖い思いをしたことは、なかったことにはできませんが、「思い出しても危険はない」ということを理解していく必要があります。

これは、1人ではできないことかもしれません。しかし、心療内科や精神科などの医療機関で乗り越えるための治療方法があります。

PTSDの治療方法

PTSDの症状を緩和するためには、二つの治療方法があげられます。

症状を和らげる療法と、PTSDの治療です。

症状を和らげる療法とは?!

不眠や強い不安感、うつ状態を引き起こしている場合は、抗うつ薬や抗不安薬などの薬物治療が必要なこともあります。

PTSDの治療とは?!

心理療法が一般的で、大きな精神的苦痛を負った心の傷を癒していく治療です。

例えば、大きな精神的苦痛を負った原因へスポットをあて、恐怖を乗り越えていくといった治療です。原因を理解して、整理していくことで恐怖を克服していく方法です。

他にも、同じような経験をして苦しんでいる者同士語り合う「グループ療法」などもあります。

あなたはひとりではないことを理解していこう

人は誰もがひとりではありません。家族や友達、恋人や先生など自分が関わってきた人はたくさんいます。何かあった時には、必ず誰かが手を貸してくれるものです。

しかし、「とても知っている人には話せない。」という人も少なくありません。

そんな時は、医療機関や心理カウンセラーを利用してみてはいかがでしょうか。

今必要なのは、安心感や安全だという確信です。専門医から正しい治療方法を聞き、自分のココロを取り戻してください。

普段通りに生活をできるという喜びを感じられるようになれば、少しずつかもしれませんが、恐怖が取り除かれているという確信が持てるはずです。

そして、「あなた自身が幸せであることを優先に考える」ことも忘れないでください。

自分のペースで、できることから乗り越えていく力を養っていきましょう。

コメント